LivingD 第一建設株式会社 | 住まいと暮らしのコミュニティカンパニー

静岡県山梨県の新築・不動産・リフォーム&リノベーション「ISO9001認証取得企業」第一建設

メニュー

文筆家 幸田文―『KURASHI』創刊号より

『KURASHI』創刊号で紹介されている「賢人に学ぶ女の生き方」。

お手本にしたい気になる作家の一人目は、明治の文豪・幸田露伴を父に持つ、文筆家 幸田文。

遅咲きの40代で文壇デビューを果たし、代表作『流れる』や『台所のおと』など多くの珠玉の作品を遺しました。

自身を語るとき、「台所育ち」という言葉を用いたそうですが、6歳にして母を、8歳にして姉を亡くしたことから、

父 露伴に家事一切を教え込まれたことに由縁があります。

『台所のおと』は、妻が立つ台所の音がいつもとわずかに違うことに気づく、病床の夫の話が表題作で、他10編を収録した作品。

『幸田文 しつけ帖』は、父に家事から身だしなみまで厳しくしつけられた幸田文が、その暮らしの知恵を伝える随筆集。

 

 

16歳の時には家事全般を任せられた文だからこそ、綴ることのできるエピソードや真に迫った教えを感じます。

とかく面倒に思う家事や炊事も一つひとつ丁寧に行うことで、その先に物事の道理が見えることを、文は幼き頃から感じ取っていたのでしょう。

偉大な父を持つ人の宿命ですが、その文才から文筆家として期待される一方で“父の思い出屋”である自分に疑問を抱き、

47歳にして芸者の置屋の住み込み女中として働き始めます。

その経験をもとに長編小説『流れる』を綴り、日本芸術院賞を受賞しました。

父の名にとらわれず、自分の道を切り拓く凛とした芯の強い女性の生き方を見せています。

 

引用・参照;『KURASHI』創刊号 *ハナレアルタナにて販売中。

 

 

書籍『台所のおと』と『幸田文 しつけ帖』は、アルタナカフェにございます。

レンタルもできますので、お気軽にスタッフまでお声かけください。

 

本社・企画広報

山田 祐子

おかげさまで第17回目を迎える平成最後の『住まいと暮らしまるごと大感謝祭』ホームパーティーをふじさんめっせで開催します。 4月20日(土)21日(日)の2日間の開催。 毎年5000名を超えるお客様にご来場いただき多くのお客様に楽しんでいただいていますヽ(´▽`)/ 昨年以上の賑わいのホームパーティー・イベントとなるよう、第一建設社員、出展者さまと楽しいイベント企画して行きます!
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest

NEWS & LivingD Staff みんなのBLOG

  • 最近よく読まれている記事
  • ピックアップ
  • Category
  • 月別アーカイブ

カタログ請求・ご来店予約・ご相談

住まいと暮らしにお役立ちできる事はございませんか?
些細な事でも構いませんので
お気軽にご来店予約、資料のご請求、お問い合わせ、ご相談ください。

Loading...