LivingD 第一建設株式会社 | 住まいと暮らしのコミュニティカンパニー

静岡県山梨県の新築・不動産・リフォーム&リノベーション「ISO9001認証取得企業」第一建設

メニュー

薪ストーブ

ペレットストーブ

違いは?

「薪ストーブ」とは、その名の通り、薪を燃やして暖をとる、煙突が付いた暖房器具です。
炎が放つ熱よりも、ストーブ本体の「輻射熱(放射熱)」や、本体の周囲を流れる暖かい空気による「対流熱」で室内を暖めます。薪を燃やすことにより発生する遠赤外線によって、壁や床・天井を暖めてくれるため、体の芯からしっかり温まるという魅力があります。
冬でも室内で、裸足で過ごせるほどの快適さを得られます。                                            デメリットは、薪を用意する大変さです。
11〜3月まで薪ストーブを利用する場合、おおよそ400束の薪が必要になります(1日12時間で想定)。
平日に働いている方などは、土日に薪を用意しなければならず、その労力はかなりのものです。
薪拾い・薪集めの時間を楽しめる方でなければ、手間に思うことが多いでしょう。
インターネットの通信販売や、ホームセンターなどでの購入も可能ですが、高額になりやすいです。さらに薪は、乾燥し切っていないと燃えにくいため、湿気が多い場所での保管には向きません。
また、薪を置くためのスペース確保も必要です。

「ペレットストーブ」は、燃料に木質ペレットを用いる暖房器具です。
電力を必要とする機器・電力不要の機器の2タイプがあります。ペレットストーブの魅力は何より、煙突が必要な薪ストーブよりも、設置方法や手入れが簡単なところでしょう。排ガスを屋外へ放出するため簡易的な煙突は必要です。デメリットは、電源が必要なペレットストーブには、あらかじめ設置したペレットをモーターで自動的に補給する機能が付いている物が多く、また電気ヒーターで着火し、温風を吐き出します。
タイマー付きの便利な製品もあります。数年に1度位のサイクルで、このモーターやファンの交換費用がかかる可能性があります。停電時に使えなくなってしまうのが心配な方は、電源不要のペレットストーブを選んだほうが無難でしょう。無電源タイプは薪ストーブと同様の煙突が必要です。また、建物の構造上、手が届く位置に排気筒を設置できなかった場合には、薪ストーブと同様、業者に依頼するメンテナンス費用が発生します。基本的には毎年業者にメンテナンスを依頼する事をお勧めします。

それぞれメリット・デメリットがございます。エアコンやファンヒーターも同様ですよね!

実際のものをぜひ体感してみてください。ALTANA Caféにはペレットストーブが設置してありOPENの際は点火してあります!すごい暖かいですよ~。新築時にはもちろん、リフォームでも設置可能です!

■ALTANA Café→https://living-d.jp/altana/

第一建設㈱富士支店 二又川武政

見学会・イベント・セミナー

住まいと暮らしの最新情報をお届け!
LivingD 第一建設LINE公式

四季薫るまちLivingDガーデン富士見台30区画販売中

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest
Send to LINE
  • 最近よく読まれている記事
  • ピックアップ
  • Category
  • 月別アーカイブ

Loading...