fbpx

LivingD 第一建設株式会社 | 住まいと暮らしのコミュニティカンパニー

静岡県山梨県の新築・不動産・リフォーム&リノベーション「ISO9001認証取得企業」第一建設

震災15年

1370 views
約2分
6,434名が犠牲となった阪神・淡路大震災の発生から今日1月17日で15年。
新聞、TVで各地の鎮魂の祈りのようすが報道されるたび、当時の事が思い起こされます。
今年は、海外ハイチの地震も重なってしまいました。

Img_68072

あらためて震災の被害状況を見てみると...
死者      6434名 (うち約5,000名家屋の下敷き、約600名家具の転倒)
負傷者  43,792名
避難者  30万名以上

住宅全壊 104,906棟
  半壊 144,274棟
火災全焼   6,148棟

多くが住宅の中で亡くなってしまいました。
地震をきっかけとした住宅被害にも感じます。

昨年8月11日に発生体感した地震の大きな揺れの恐怖 が脳裏をよぎりますが
阪神淡路大震災の揺れは被害状況を見ると想像を絶します。

現社長の大原が大震災後現場に赴き、戦場のような焼け跡から帰って来てから
この震災被害は「人災だ!」といつも口に出していました。
その教訓が今でも第一建設の家造りの信条のひとつ となっています。

写真は、震災1ヵ月後の2月15日に現地で社長が撮影した写真です。

Page00012

私たちは、皆様の家族の生命を守る使命を担っている事を、片時も忘れることなく
災害の記憶継承と災害に強い住まいの技術研鑽を行うことを、誓う日でもあります。

震災被害者の鎮魂をお祈り申し上げます。

後藤

Leave A Reply

*

  • 最近の投稿記事
  • 今週よく読まれている記事(月曜更新)
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE