fbpx

LivingD 第一建設株式会社 | 住まいと暮らしのコミュニティカンパニー

静岡県山梨県の新築・不動産・リフォーム&リノベーション「ISO9001認証取得企業」第一建設

メニュー

随筆家・白洲正子―『KURASHI』創刊号より

518 views
約 1 分

ハナレアルタナで販売中のライフスタイルマガジン『KURASHI』創刊号で紹介されている「賢人に学ぶ女の生き方」。

お手本にしたい3人目は、随筆家・白洲正子。

白洲正子と言えば、骨董や古美術の目利きとして知られた存在です。

本物を見極める審美眼と教養を持つ女性像を思い浮かべます。

同じ誌面で連載が始まった、漫画家でコラムニストの辛酸なめ子のコラム「白洲なめ子を目指して」では、

憧れの対象として、正子になりきり、骨董の目利きに挑戦しています。

古美術店で「正子になったつもり」で器の裏側を見て高台をチェックする様子などは、シニカルですが…面白いです!

1901年、樺山伯爵家の次女として生まれた正子は、深窓の令嬢には納まらず、4歳にして自らの意志で能を習い始め、

14歳で女人禁制だった能舞台に女性として初めて立ったといいます。

 

「韋駄天お正」のあだ名の通り、こうと決めたら、即行動の人。

未知の世界へ飛び込む時には一流の文化人に食らいついて、必至に知識と教養を身に付けていったそうです。

社会的地位を持つ家柄や夫・白洲次郎の経済力に守られながらも、その立場に甘んじず、生涯を通じて、

貪欲なチャレンジ精神を貫きました。

『花日記』は、そんな白洲正子の教養とセンスが詰まった「いけ花」の写真集。

形式に則った華道とは一線を画す、自身のコレクションの骨董の器に自邸の庭に咲く野の花を、思うがままに「いけて」います。

「花をいけるというのは、実にいい言葉だと思う。花は野にあっても生きているのに違いはないが、

人間が摘んで、器に入れ、部屋に飾った時、花は本当の生命を得る。

自然の花は、いってみればモデルか素材にすぎず、いけてはじめて「花に成る」のである。―『花をいける』より」

気取らず、さりげなく、花を取り入れる暮らしを愉しむヒントを教えてくれる一冊。

本書は、ALTANA Caféにございます。

ぜひ、お手に取りください。

響木図書館でレンタルも可能!スタッフまでお気軽にお声かけください。

 

 

本社・企画広報

山田 祐子

 

 

 

 

 

 

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Pinterest