富士宮市外神のHIBIKI
EPISODE#1

 

至極の居心地。開放感あふれる平屋に住む。

富士宮外神の住宅街に一際存在感を放つ、一軒の平屋があります。木の質感と白壁のコントラストで自然美が強調されたファザードの、温もりのある木の柔らかい表情にまばゆいばかりの白壁とエッジの輪郭。都会的で壮観な出で立ちに、思わず目を奪われてしまいます。
玄関のエントランスホールには、住宅では規格外の60センチの大きな石タイルが敷き詰められており、タイルの落ち着いた雰囲気のモノトーンと観葉植物のグリーンがおもてなしをしてくれます。
施主のT様いわく、「開放感とリゾート感を感じられる居心地のいい家」をコンセプトとした空間が広がっていました。

時間を忘れるリゾート空間。

LDKと和室が一体となった大空間が生み出す360度の奥行きは、40帖を超える開放感。レッドシダーの天井とサペリの床材が醸し出すしっとりとした質感と木目の表情が映える間接照明によって、陰影が際立つ立体感のあるくつろぎのリビング。
テレビ台の背にはリビングの中でも一際目を引く大きな目隠しウォールが立っています。通常外壁材に使われる凹凸感のある耐久性の高い素材を採用することで、陰影のある表情が生まれ、上質な時間を堪能することができます。

 

一枚板のテーブルに乗せる料理とおもてなしの心。

笑顔がつながる大空間リビングには、週末仲間たちの笑顔が集まります。

BOSEの音響機器から流れるBGMは、大空間の隅々まで心地よく充満して、まるで行きつけのカフェやバーにいるようなリラックスできる特別な時間に早変わり。
LDKのセンターに位置するブラックウォールナットのダイニングテーブルは、しっとりとした質感で縁のカーブや木目にこだわった唯一無二の形状。この上に並ぶ料理やお酒で、大切な仲間たちの笑顔が日夜集まります。

.

#ダイニングテーブルにまつわるエピソード
三島の材木屋さんで運命的な出会いを果たしたT様夫妻。「板に呼ばれるから」という店主の言葉通りブラックウォールナットの一枚板に引き寄せられました。木目や木肌の質感、風合いなど、これだ!と思わせるインスピレーションを得て、今では二人の暮らしの中心に位置するダイニングテーブルとして共に生活を形作っています。

    ←  1  → next